something new

人生を豊かにするために 何か新しいことを始めよう

地上用ザクⅡ

前回のザク・ハーフキャノンに続いて、コンパチで地上用ザクⅡを仕上げます。

この通り、本体はほぼ出来ていますので、次にランドセルを仕上げます。

シャア専用ザクⅡのランドセルが元です。メインのバーニアを小さくするので、それに合わせてふくらみを削りました。また、上のほうの姿勢制御用のスラスターも削り取りました。

こんな感じに仕上げました。地上用のランドセルはそもそもバーニアがあったり無かったり、その時々で発売されたキットにより解釈が異なるようなのですが、僕はこの形がかっこいいと思って作っています。

前回の記事では触れなかったのですが、脚部の細かいところもいじってあります。「地上用のJ型は姿勢制御用のスタスターをオミットした代わりに、空いたスペースに拡張性を持たせた」といった解説をどこかで見たので、それに合わせて3mm穴を仕込んでおきました。ちょうど良いパネルラインがあったのでそこを利用しています。

武器セットのミサイルポッドです。旧キットのザクは脚がだいぶ細かったようで、この輪っかのようなパーツはとても使えません。それに、ベルト?だけで装着してあるのが構造上おかしいように思えたので、先程の3mmはその疑問の解決のために使います。

ミサイルポッドの裏側です。プラ板やポリキャップで接続パーツを作りました。ベルトはシャア専用ザクⅡに付いていた給弾ベルトを流用しています。

試しに着けてみたところです。脚部に対してミサイルポッドが小さく見えたこと、僕の実力不足で接続パーツが思いのほか大きくなってしまったことから、

ミサイルポッドを横に3mmほど大きくしました。真ん中でぶった切って、プラ板でごまかしているだけです。

 

さて、話は少し前後しますが、

けっこう前に再販の武器セットを買っておいたのですが、今回は前述のミサイルポッド以外にもこれを多用しています。

グフ・サーベルです。初代ガンダムランバ・ラルが使っていたのはビームサーベルのようなものだったのですが、ザクにはそんなことは出来ないと思い、これは実体剣として作りました。切れ味よりはとにかく頑丈な刀身で「叩き割る」イメージです。

このランナーはほぼザクとグフの装備です。空いているところにはミサイルポッド、グフ・サーベル、それからクラッカーがありました。ザク・バズーカは最近のものに比べてあまりにも小さかったので使っていません。ヒートホークは左の塗装済のものがシャア専用ザクⅡやザク・ハーフキャノンに付いていたもの、右が武器セットのもので、大きさはさほど変わらないのですが、パーツの合いを考えてやはり使用は見送りました。

ジャンクパーツとプラ板で装備品用のラックを作りました。これは前の記事で出したシュツルムファウスト。先っぽの黄色いところはガンダムハンマーのトゲトゲを使っています。

クラッカーとヒートホークも積めます。3mmのすき間か穴を作っておけば、ガンプラの部品はだいたい合います。「アコース、クラッカーだ!」とランバ・ラルに指示されてアコースのザクがクラッカーを投げるシーンがあるのですが、そのクラッカーをどこから出してきたのかずっと疑問でした。このラックは僕なりの答えです。

完成。バズーカ、ミサイルポッド、グフ・サーベル、シュツルムファウストと全部載せです。

後ろ姿。ちょっとやり過ぎな気もしてきました…。

とは言え、弾切れしたものから捨てていって、戦闘の最後のほうはこうなるのでしょう。

 

ザク・ハーフキャノン(MSD 019)

今回はこれ。

MSD(MOBILE SUIT DISCOVERY)からザク・ハーフキャノンです。MSDはオリジン版の派生と言って良いかと思います。ザクⅡのC型にザクキャノンのバックパックを換装させたもの、という設定なので形式番号はMS-06CK。好みでJ型ベースも選べるようになっていたので、僕はMS-06JKとして作りました。

左がキットにあるバックパック。右がS型のランドセルで、シャア専用ザクⅡを前回作り直したことで余っていたものです。キットの上では左のバックパックをただ背中に付ければ良いのですが、「換装」と言うからにはそういう雰囲気にしたい。

なので、S型のランドセルはこのように外と内とに分かれるので、

さらにこのように分割して、

この左のパーツを基部として、色々なバックパックを付け替えられるようにしてみました。

グレーで塗装したので少し見た目が違いますが、続きです。キャノン用のバックパックの裏側もこれに合うよう改造しました。

改造がだいたい終わって、バックパックを取り付けたところです。改造の結果、バックパックの位置が上と後ろに5mmずつずれてしまったことで、ビッグガンを持つ腕が窮屈そうです。

なので、このようにジョイントパーツを使って、ビッグガンの位置を5mmほど下げました。また、これまではキャノン砲+ビッグガン×2丁の装備で作っていたのですが、このタイミングでガトリングガンへ変えることにしました。そうすると右側に給弾ベルトを取り付ける関係で、ビッグガンは左側の1丁のみとなります。

右手がお留守になったので、シュツルムファウストっぽいものをジャンクパーツから作って持たせてみました。棍棒に見えたとしても、それはそれで良しとします。

 

ところでカラーリングですが、胴体はウッドブラウン、胸や膝などの濃いところはマホガニーで塗装してあります。腕や足などの大部分は成型色のまま。

とても良いキットなのですが、色合いが「きのこの山」とそっくりになってしまったため、リアルタッチマーカーで渋くしていきます。

完成です。つや消しのトップコート⇒リアルタッチマーカー⇒デカール⇒少しだけウェザリング⇒もう一度トップコート、で仕上げてあります。だいぶ渋くなりました。

後ろ姿も情報量が多くてかっこいいです。

 

~2022年8月7日 追記~

コンパチの地上用ザクⅡのために装備品のラックを作ったので、クラッカーとヒートホークを付けておきました。

 

6月24日までの家庭菜園(2022年)

先ずは一昨日、6月22日の写真から。

ピーマンに実が付きはじめました。

ナスが1本出来ていました。梅雨に入ってからは庭に出ない日も多かったので、見落としもけっこう多かったです。

すごくキレイなナスでした。キュウリはすでに量産体制です。

 

そして本日、6月24日。

キュウリを囲っている支柱から紐を伸ばして、

軒先まで引っ張ります。昨年もやったグリーンカーテンで、上からキュウリ、下からフウセンカズラを伸ばしていくつもりです。

オクラに実が付いてきました。

ミニトマトの初収穫。今日は赤いのが2つと、イエローが1つ。

はじめてなので、そのまま頂きました。今年は早いうちからドライトマトを作る予定です。

 

6月6日までの家庭菜園(2022年)

少し前ですが、5月18日の作業から。

前に植えたオクラが上手く根付いてくれなかったので、早々に別のものへ替えました。「ずーっとみどり」というカインズホームの品です。

ミニトマトを2本仕立てにしました。右側が主軸で、左側が2本目として残した脇芽です。

 

そして本日、6月6日。

植えてから1ヶ月と少し。だいぶ育ってきました。

オクラは今度は大丈夫そうです。

ミニトマトの奥にあるのが勝手に生えてきたカボチャらしきものなのですが、いよいよカボチャで確定のようです。

今年の初収穫です。「うどんこ病に強い食感パリッときゅうり」が1本と「万願寺とうがらし」が2本。

キュウリはそのまま味噌で頂きました。キュウリはやはり、採れたてに限ります。

 

5月4日までの家庭菜園(2022年)

今年も夏野菜を植える時期がやってまいりました。

毎年の定番、ミニトマトの「アイコ」「イエローアイコ」です。5/2に植えました。

「はじめてのキュウリ」は4/27に、「うどんこ病に強い食感パリッときゅうり」は本日5/4に植えました。

「ジャンボピーマン」と「はじめてのナス」は4/27に植えました。「はじめてのナス」は昨年に続いての2回目です。

ここまではカインズホームプライベートブランド?です。僕の中では信頼性が高く、年を追う毎に定番化しているのですが、毎年同じものが出るとは限らないようです。キュウリの「マイルドターキー」がぬか漬けにすると絶品なのですが、今年は見かけなかったです。

 

お次は別のブランドです。

万願寺とうがらし」は4/27に植えました。カインズホームのブランドではないのですが、昨年育ててみて美味しかったので、また同じものを買いました。

これは「島オクラ」です。これは5/2に植えたのですが、オクラは育てたことがないので失敗するかも? 札を見ての通り、「万願寺とうがらし」と同じブランドの苗です。

これは多分カボチャです。多分というのは、菜園の準備をしていたら勝手に生えてきたものだからです。奥さんが「カボチャの種が入った土を(菜園に)戻したかも」と言うので、上手く育ったら面白いと思い、そのままにしてあります。確かにキュウリのような、瓜の系統の葉っぱが生えています。

 

今年は昨年より苗の売り始めが遅かったり、「マイルドターキー」など欲しい品種を待ったり(結局買えませんでしたが)、雨の日が多かったりなどで、4/27~5/4と植え付けの日がバラバラです。

風除けを付けたところです。苗が丈夫になるまではこうしておくのですが、早くに植えた「はじめてのキュウリ」はもう大丈夫そうなので今日の時点で外しました。

 

再びシャア専用ザクⅡ(赤い彗星Ver.)

今回はこれ。

f:id:something-new:20211205202951j:plain

オリジン版のシャア専用ザクⅡ(赤い彗星Ver.)です。2年くらい前に前のバージョンを作ったのですが、

①この2年でプラモデル作りが上手くなったのか?

②後はめ加工の練習

③武器の豊富さ

④パーツ取り

これらの理由からまた作ることにしました。

 

先ずは②後はめ加工の練習から。

f:id:something-new:20211205204151j:plain

脚部は○を付けた箇所を削ると、赤いパーツを接着した後で内部パーツを上から差し込めるようになります。

f:id:something-new:20211205204743j:plain

腕部は○を付けたところを半分に割るだけで、左側のように上腕と前腕を後でくっつけられるようになります。

f:id:something-new:20211205205112j:plain

左肩のショルダーアーマーは、○を付けたところをCの字にカットするだけで、後からパチンとはめられるようになります。バズーカの取っ手も同様です。

今回はほぼ無塗装なので別にやらなくても良い作業なのですが、次に作るザクタイプはがっつり塗装するつもりですので、その時のための練習、との位置付けです。せっかくですので、2年前にはやらなかったふくらはぎと前腕部の合わせ目消しもしておきました。

 

次に、①この2年でプラモデル作りが上手くなったのか?ですが、

f:id:something-new:20211205211026j:plain

右が今回の赤い彗星Ver.です。ファルメル隊のマークなどデカールがたくさん増えています。リアルタッチマーカーも使って、色味もだいぶ渋くなりました。奥さんに見せたところ「こっち(右)のほうがかっこいい」と言ってくれたのでほっとしました。

 

完成です。

f:id:something-new:20211205212031j:plain

f:id:something-new:20211205212111j:plain

ベルト給弾式のマシンガンがかっこよかったので、これをメイン装備としました。弾倉はワンポイントで目立つよう、ダークイエローで塗装してあります。今回塗装したのはこの弾倉と、マシンガン・バズーカなどの武器だけです。なお、オリジン版ではバズーカはランドセルに縦に装着するのですが、やはり腰の後ろに横付けしたほうがしっくりくるのでそのようにしてあります。

最後に③武器の豊富さ、④パーツ取りですが、

f:id:something-new:20211205213809j:plain

これだけ余っています。当たり前ですがザク本体が1体と、対艦ランチャーに至っては2つ分が手付かず。これから色々と使っていくつもりです。

 

ジェガンDma型 Bタイプ

ジェガンDma型 Bタイプ

f:id:something-new:20211020195008j:plain

体長より大きなサイズのビーム砲を装備したこの機体は、ロンド・ベル第20MS小隊において3号機のパイロットが使用した、ジェガンDma型のバリエーションの1つである。このハイパー・メガ・ランチャーによる遠距離からの砲撃で敵の拠点や艦船を破壊(buster)する様から、隊内ではBタイプと称されている。

f:id:something-new:20211020200000j:plain

ハイパー・メガ・ランチャーはグリプス戦役などで活躍したZガンダムのものとほぼ同型であるが、伸縮機構などはオミットされている。

f:id:something-new:20211020200851j:plain

ランチャー自体の弾数は5発であるが、腰の後ろにマウントされたエネルギーパックやジェネレーターから、さらに5発分のエネルギーが供給される。

f:id:something-new:20211020201754j:plain

射撃姿勢。左肩にマウントされたレドームは本体の動きに連動し、遠距離の目標を正面から補足する。

f:id:something-new:20211020202244j:plain

3号機のパイロットは索敵や長距離からの攻撃を得意とすることから、頭部もそれに合わせてデュアルアンテナとなっている。これにハイパー・メガ・ランチャーの照準器とレドームによる索敵も併せ、かなりの命中率を誇る。

 

~以上、マイ設定のジェガンDma型ですが、1号機のSタイプ(スタークジェガン)、2号機のCタイプ(突撃)に続いて、この3号機のBタイプ(拠点破壊)を作ってみました。ジェガンDma型を作り始めてはや10ヶ月。あと3タイプほど頭にあるのですが、全部出来るのはいつになることやら…。

 

~2021年11月6日 追記~

f:id:something-new:20211106195839j:plain

ハイパー・メガ・ランチャーを発射した時の反動は相当なものだろうと思い、パーツの寄せ集めで補助脚を作りました。ついでに脚部のデバイスも作り直しています。