something new

人生を豊かにするために 何か新しいことを始めよう

ザク・ハーフキャノン(MSD 019)

今回はこれ。

MSD(MOBILE SUIT DISCOVERY)からザク・ハーフキャノンです。MSDはオリジン版の派生と言って良いかと思います。ザクⅡのC型にザクキャノンのバックパックを換装させたもの、という設定なので形式番号はMS-06CK。好みでJ型ベースも選べるようになっていたので、僕はMS-06JKとして作りました。

左がキットにあるバックパック。右がS型のランドセルで、シャア専用ザクⅡを前回作り直したことで余っていたものです。キットの上では左のバックパックをただ背中に付ければ良いのですが、「換装」と言うからにはそういう雰囲気にしたい。

なので、S型のランドセルはこのように外と内とに分かれるので、

さらにこのように分割して、

この左のパーツを基部として、色々なバックパックを付け替えられるようにしてみました。

グレーで塗装したので少し見た目が違いますが、続きです。キャノン用のバックパックの裏側もこれに合うよう改造しました。

改造がだいたい終わって、バックパックを取り付けたところです。改造の結果、バックパックの位置が上と後ろに5mmずつずれてしまったことで、ビッグガンを持つ腕が窮屈そうです。

なので、このようにジョイントパーツを使って、ビッグガンの位置を5mmほど下げました。また、これまではキャノン砲+ビッグガン×2丁の装備で作っていたのですが、このタイミングでガトリングガンへ変えることにしました。そうすると右側に給弾ベルトを取り付ける関係で、ビッグガンは左側の1丁のみとなります。

右手がお留守になったので、シュツルムファウストっぽいものをジャンクパーツから作って持たせてみました。棍棒に見えたとしても、それはそれで良しとします。

 

ところでカラーリングですが、胴体はウッドブラウン、胸や膝などの濃いところはマホガニーで塗装してあります。腕や足などの大部分は成型色のまま。

とても良いキットなのですが、色合いが「きのこの山」とそっくりになってしまったため、リアルタッチマーカーで渋くしていきます。

完成です。つや消しのトップコート⇒リアルタッチマーカー⇒デカール⇒少しだけウェザリング⇒もう一度トップコート、で仕上げてあります。だいぶ渋くなりました。

後ろ姿も情報量が多くてかっこいいです。

 

~2022年8月7日 追記~

コンパチの地上用ザクⅡのために装備品のラックを作ったので、クラッカーとヒートホークを付けておきました。